FAQ よくあるご質問

Q. 親が英語を話さない家庭ですが、大丈夫ですか?

A. ご心配要りません。お子さまはスクールで英語で過ごし、先生やお友達と遊んでいるうちに自然と発話力を身につけます。ご家庭では、きれいな母国語が身につくよう、今まで通りのコミュニケーションをお願いします。また、ご両親の国の文化は積極的に伝えていただきたいと思います。

 

Q. バイリンガルレベルになるまでには、どのくらいの期間が必要ですか?

A. ご家庭で英語を話す時間や個人差がありますが、最低でも2年間は週5日コースで通っていただく必要があると考えます。スクールのカリキュラムを効率よく履行するためにも、2年間はひとつの区切りとなっていますが、インプットの時間が長いほど効果的なのは言うまでもありません。

 

Q. 卒園後、公立の小学校に入学予定です。せっかく覚えた英語を忘れてしまわないでしょうか?

A. 一般の公立小・中学校に進学される場合、お子さまはクラスのお友達と日本語でコミュニケーションをとりながら長い学校生活を送ることになります。残念ながら、使用頻度の低い言語は徐々に忘れられてしまいます。最近では小学校からの英語教育も重要視されつつありますが、英語と接する時間は週1回40分程度。発話の時間は、その半分以下です。身につけた語学力を将来に生かすためには、卒園後も英語を話す時間を持ち続けることが大切です。当スクールでは、卒園と同時に英語学童保育をスタートします。放課後スクールで先生や幼稚園時代のお友達と定期的に会い、英語でお話しすることで、語彙力や発話に対する自信を維持・継続できます。

 

Q. 長時間の保育は初めてで、母子共に不安です。

A. お子さまはもちろんですが、お母さまにとってもお誕生からずっと一緒に過ごしたお子さまと長時間離れることはとても不安に感じられることでしょう。まずは、週数回、数時間の慣らし保育から始められて、少しずつ保育時間を長くされてはいかがでしょうか?
初めは泣いて離れたがらないお子さまも、先生やお友だちと遊んでいるうちに驚くほどの笑顔でお迎えを待つようになりますよ。また、保育従事者は保護者様と常にお子さまの話題を共有できるよう、努めております。活動ブログでは、お友達と仲良くしているか、レッスンや活動報告など、ご家族だけでなく、遠くにお住まいの祖父母様にもご覧いただけます。私共スクールスタッフは常に、重要な成長時期にあるお子さまをお預かりしているという認識で、その成長のお手伝いをしています。どうか安心なさって、お子さまから聞けるお話を楽しみにお過ごしください。

 

Q. 少数制ということですが、クラス分けや先生の配置はどうなっていますか?

A. 年齢・能力別にクラスに分かれ、それぞれのクラスに教師がついています。各クラス共に、アシスタントスタッフがレッスンと生活面のサポートをします。また、体育・アート系を中心に、混合でレッスンを行う日もあります。園内生活では全員が行動を共にし、異年齢の子ども達がお互いに学び合う光景が見られます。

 

 

その他、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。