TESTIMONIALS

保護者様からの声

たくさんのスクールを見学しましたが、ブライトキッズガーデンほど、子ども達同士が自然に英語でコミュニケーションを取る様子が印象に残る所はありませんでした。英語環境作りに対する熱心な取り組みを感じました。

子どもがブライトキッズガーデンに通い始めて、約1年数か月が経過しました。私たち親は家庭では日本語の会話ですが、子どもは英語の能力が確実に伸びていると感じます。まだ4歳になったばかりなので、聞く・話す・読む・書くといったすべての力が等しく伸びている訳ではないのですが、最初の段階の聞く・話す力は、ここ半年で飛躍的に伸びていると思います。

 

入園当初、英語プリスクールに通わせることで親として希望していたことは、①文化背景の異なる人と話す場面でも、緊張しないで向かい合える度胸をもてるようになること。②将来的には「英語で書く」力を大切にするけれど、その前にネイティブの人の話を「正しく聞ける」ように耳を鍛える機会になること。③「書く」ために必要な、アルファベットの習得や基本的な言葉の数を増やして欲しいこと。④子ども同士や先生との関わりをとおして、親しみややさしさなどを身につけて欲しい・・・といった内容でした。この希望は今も変わってないのですが、徐々に達成されてきていると思います。

 

親として子どもの成長は楽しみで、空き時間にブログを見ています。ブログを見ていると、子どもの様子や授業風景が想像できます。遊びの要素を取り入れながら、英語圏の文化理解を初め、日米の季節行事、運動、野外活動、英語音楽など、日本の幼稚園で行う内容の多くはカバーされ、それ以外の教育メニューも豊富だと思います。きっと英国の小学校教師としての実務経験をもつトマス先生をはじめ、チャーリー先生やスタッフの方が豊富な教育メニューを入念に準備されているから可能なのでしょう。言語の習得に間に合う年齢なら、私(親)が参加したいくらいで、今の子どもの時代がうらやましいです。

 

先日、子どもは誕生日を迎えたのですが、スクールの友達からバースデイカード(もちろん英語のメッセージ付き)を頂いていました。自宅では、私たち親からのプレゼントはさておいて、そのバースデイカードを見ては「ニヤリ」とうれしそうな表情。そんな場面を目にすると、私の時代のお受験英語ではなく、リアルに生活に役立つ英語力を見につけてもらうためには、プレスクール期に入園させてよかったと思います。

娘がこちらのスクールに通いだして早くも半年が過ぎました。日々先生やお友達のことを、楽しそうに話す娘を見ると、先生方にたくさん愛情を注いでいただいているのだろうと感じます。我が家では、家族が英語でコミュニケーションを取っていますので、娘にとって英語保育のスクールはリラックスできる環境だと想像していました。でも、今はブライトキッズガーデンが英語保育でなかったとしても、お世話になっていたと思います。

 

まず、この年齢の子どもに大切なことを、日本の子育ての枠にとらわれずに実践されています。先生はイギリスを始めヨーロッパでの教師としての経験を元に、様々なアプローチで子どもたちに接してくださいます。みんなで輪になれば自然にギターを優しく弾き語り、童謡も即興で替え歌にしてみたり。体育教師の経験を生かされ、ヨガや水泳、その他様々なスポーツの体験もさせて下さっています。子どもたちと接する態度はとても穏やかで、子どもたちを心から受け入れる気持ちに溢れているのを感じます。娘は先生が大好きで、膝に座ったり背中によじ登ってみたり、引っ張って遊んでもらったり、とても優しくして頂いています。

園での様子は、先生や娘との話の中でも分かりますが、スクールから毎日届く「活動報告」でも分かるので、親子でとても楽しみにしています。スクールで何をしたか、何を歌ってどんな遊びをしたか等、聞いても上手に答えられない時も、写真を見ながら引き出してやると、目を輝かせながら説明をしてくれ、親子の会話がスムーズに楽しめます。家では見せない姿や、できないと思っていたことがいつの間にかできるようになっているのが分かるのは親にとってとても嬉しいことです。

 

豊かな心を育む子育て、情操教育の視点からも保育に様々な活動を取り入れていると感じます。園で体をたくさん動かし、工作をして手先を動かしたり、創造する楽しさを体験させることも毎日のように行われているようです。学期の終わりには、様々な工作を持ち帰って、時が経った今でも娘は誇らしげに自分の作品を取り出してエピソードを話してくれます。

 

英語の歌をたくさん歌うのは言うまでもありませんが、自由時間にさりげなくクラシック音楽や世界の音楽を自由時間に流していて、子どもたちにとっては無意識でも、良い環境づくりへの取り組みに感謝しています。また、絵本もたくさん読み、読み書きの指導も行われていますが、記憶をさせたり競争をさせることなく、子どもの好奇心や学びの楽しさを感じることを最優先に考えた無理のないものであることを感じます。

 

自由でオープンな雰囲気の中で、それぞれの気持ちを尊重して頂きながらも、子どもの自信につながる形で、マナーや思いやりの指導をして下さり、親としてとても有難いです。これからも、スクールでたくさん遊んで、たくさん笑って、NG言動は叱っていただき、先生やお友達にたくさん声を掛けていただきながら、のびのびと元気に通ってもらいたいと思います。

 

できるだけ早いうちから英語に接した方が良いと考え市内の英語幼稚園をいくつか見学しました。ブライトキッズガーデンは少数制で、他園に比べ先生とより密接な英語のコミュニケーションがとれるのでは、と思い入園しました。

 

英語で日常生活に必要なコミュニケーション能力を養うだけでなく、理科の実験・地理・ワークシートを使っての読み書き等も行うので、様々な分野の英語も身につくようです。実際英語でもあまり耳にしない動物の名前や国名、単語が子供の口からスラスラと英語で出てくるのを聞き、驚かされています。

 

また、体力づくりにも力を入れ、スイミングや勝山公園周辺の散策、キッズヨガをしています。今まで夜なかなか眠らなかった子供が、すぐに眠るようになりました。入園して3ヶ月が経ちましたが、まだ一度も風邪を引かずに元気に登園しています。英語で寝言も言うようになりました。

 

子供の成長を見るのが、これからもとても楽しみです。